滋賀の田舎で           のんびり暮らし


by biwakonosora
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

読書感想文


「食堂かたつむり」

生きることは食べること。おいしくてしょっぱい母と娘の物語。



読み終えるのが惜しくてゆっくり読みました。
明日から映画も公開されるし、これから原作を読む人もたくさんおられるんでしょう。
ちょっと切なすぎて読めなかったページもあったのですが、
一番印象に残ったのがその部分でした。

家にいるわんにゃんは溺愛してるのに
飼うことのできない動物も出来るだけ幸せになってほしいと心から願ってるのに
今日はすき焼きだと思うと心躍るし
新鮮な魚の刺身は、ホントにおいしいなと思う矛盾した自分

いっそ菜食主義になろうと、少し思うこともあるけどなれない偽善者だな~と思っていたけど
その答えが見つかったような1冊でした。

よしもとばななさんの公式ブログより
牛や豚や鶏には悪いが、感謝して、残さず、無駄(質のよくない飼い方をしたり、大量に消費して廃棄したり)に殺さない社会をまずはいったん目指すべきだと思う。こんなにも動物が好きなのに、そう思えてならない。だから、みんなが強制的に菜食になったら、恐ろしいことが起きると思っている(自発的なのはもちろん反対しません)。

そう、生きることは食べることだから・・・

うさぎに首輪代わりに腕時計を巻いて紐でくくるところも
「束縛じゃなくて絆」と
作者が伝えたいところじゃないかもしれない細部で頷けるのでした。


1年分の材料が届きました。
c0165498_738759.jpg

                             もう、買うことは考えられない
[PR]
by biwakonosora | 2010-02-05 07:49