滋賀の田舎で           のんびり暮らし


by biwakonosora
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

避妊手術

にゃんずの女性陣の避妊手術を週末2日にわけてしました。

うちはまず外に出ることはないのですが、子宮卵巣をとることにより、女性特有の病気の発生率がグンと減り長生き出来るということで、踏み切りました。

今まで知識がなかった私は、ただ自然に逆らう方法をかわいそうと考えていただけで、もっと早くしておけばよかったのかもしれませんが・・・

金曜にはなママ・土曜に陽菜、陽良

往復80キロある近江八幡まで送り迎えですが、夜間も連絡できる獣医さんが近くにはなくやはり安心して任せることが出来るいつものところでお願いしました。

病院以外に外出することもない猫なので、本当に家が一番いいのだなと改めて感じましたがこれは仕方ないこと。

手術まではいろいろ心配したり神頼みしたりと不安な日々でしたが、任せてしまうと腹も据わり「案ずるより…」と思いました。

3部屋あるICUはうちのはな親子が占領。

c0165498_8183726.jpg
c0165498_819337.jpg
c0165498_8194427.jpg


さすがに手術後はぐったりして固まっていましたが、家に帰ると食欲も出てきてどんどん回復しています。
c0165498_8155991.jpg
c0165498_8164625.jpg



soraの里親になる面接をARKで受けたとき、今飼ってる動物のことを詳しく聞かれました。

その時にはもう涼しくなる秋口に全員の避妊手術を決めてはいましたが、オリバー代表は「どうして避妊手術をしなかったのですか?」と聞かれました。

太朗とはなの子孫を残したかったからですが、ARKに来た動物は1Kgを超えたら早くに手術するそうです。


昔飼っていたマルは、家で飼うからと手術しないままでした。

結局大きな腫瘍が転移してもう手術後数日の命でしたが、もしかしたら避妊手術していれば防げた病気だったかもと思うと、その頃の無知な自分が悔やまれます。

かわいい家族、飼った以上は天寿を全うするまでは、元気に長生きして欲しいですよね。

獣医さんも来院する長生きのわんにゃんは、みんな手術してる子ですと言われてました。

あと、みんな痩せてるそうです。

やはりあまり肥えすぎは人間も同じく良くないのですね。



小さい命がたくさん保健所等で無残にも消されている現実、これも去勢・避妊手術で減らせるはずです。

野良猫を捕獲しては、手術を受けさせてる活動されてる人たちもいます。

せめて各自治体がこういう活動に補助してくれたら・・と思いますがここ滋賀はまだないです。


[PR]
by biwakonosora | 2008-09-01 08:35 | わんにゃん