滋賀の田舎で           のんびり暮らし


by biwakonosora
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

歴史ハイキング

琵琶湖の西岸、ここ比良に住みはじめて2年弱。
夜の暗さにも静けさにも慣れ、きれいな空気の中で、石けん作ったり、わんにゃんに振り回されたりしながら暮らしています。

新参物なので、出来るだけ地元のことを知りたくて、昨日は「比良歴史ハイキング」に参加しました。
c0165498_8483486.jpg

いつも眺めてる比良の山々。
数年前まではスキー場があったのですが、閉鎖された今は最寄りの駅から、徒歩くらいしか交通手段がありません。


留守番のできないsoraがネックでしたが、聞いてみると連れて行ってもいいとのこと。
新米おにぎりと豚汁に惹かれた主人も、「行こう♪」と、即答。。。

比叡山延暦寺と共に、比良連峰には天台宗の修行の場となる多くの寺院があったそうです。
c0165498_8504686.jpg


その中でも比良山最大の遺跡「ダンダ坊遺跡」
c0165498_857026.jpg

言われなければただの苔むした石・・・
c0165498_8564036.jpg

でもこれが琵琶湖をかたどった池の後だったり山門の基石だったりするのです。
c0165498_857205.jpg

大きな滑り岩
c0165498_9104410.jpg

そこには比良山の僧兵を追って山を駆け下りた織田信長軍の馬の蹄跡だとか言われるへこんだ跡が数か所
c0165498_925887.jpg




カントリーモード豊かな古老のお話で、こんな近くの山の中に面白いところがたくさんあることを知りました。
c0165498_858165.jpg

ナイス古老 (昔を知る老人という意味だそうです)は、普段の言葉で、とても面白い話。
気がつけばたくさんの写真を撮っていた私。

どの話も詳しく発掘がされていないので仮説なのですが、昔々に思いをはせて歩く山道はとても楽しい時間でした。


秋の山野草が、山道にはたくさん。
c0165498_922194.jpg

もっと名前を知っていたら楽しいだろうと思いました。
c0165498_92528.jpg

そうそう、山アジサイもまだ咲いていました。

織田信長の比叡山攻めの折に、難を逃れた僧兵が身を隠したといわれるハシゴ谷の穴黒は、崖を降りた滝の奥にあります。
c0165498_99320.jpg

4~50人は隠れていただろう洞窟の入り口付近に生水苔発見しました。
いつか比良山に生水苔を探しに行こうと言っていたのが思いがけずこんな機会に見つかりラッキー!
教えてもらわなければ、ぜったいに行くことがなかろう場所だからです。
山野草の土の上に敷いたり、サギ草の栽培にも使います。
乾燥したのは売ってますが生のはなかなかないのです。


子供やおじいちゃんが苦手なsoraも、はじめは吠えていましたが、だんだん慣れてきて、小学生のかわいいお姉ちゃんに撫でてもらうまでに・・・
心地よい風といっしょに食べるおにぎりと豚汁は、最高のごちそうでした。
c0165498_913753.jpg



最近のうちのテーマが地産地消。
野菜や味噌は地元産を使います。
昨日は、ハイキングの後久しぶりに日本酒を買って飲みました。
c0165498_9134093.jpg

おとなりの高島市産原酒にごり酒です。
おいしかった~

[PR]
by biwakonosora | 2008-10-05 09:23 | odekake