滋賀の田舎で           のんびり暮らし


by biwakonosora
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

わんにゃん手作り食

同じ家族なのに、人間が食べることが出来ないもので作られてる動物用のフード。
それは信じられなくて,色んなフードをさまよっていました。
それなりに自分で選ぶ基準は設けていたものの、最後は自分で作るしかないな~と漠然と思ってはいました。

だからほんの小さなきっかけで(事故米問題)背中を押され、夢中で勉強しています。

うちはにゃんことわんこがいます。
にゃんこは肉食、わんこは雑食、必要な栄養素が違います。
そして陽菜は尿石症なので、普通食ではないのです。

情報も氾濫していて、何がいいのかわからなくなることもあります。
材料のショップを検索していたときに、たまたまARKの里親会などもしているグリーンドッグさんにあたり、ショップのカードを作ってそれで買い物をするとARKの動物に寄付が行くことを知りました。
そのグリーンドッグさんは、フリーダイヤルでアドバイスしていただけます。
ある程度質問もはっきりしていたので、結構深いとこまでお話を聞くことが出来ました。
そして、お勧めの参考本も教えていただき、早速探して送ってもらいました。。
     
c0165498_051423.jpg


調理師の資格を取る時に勉強した記憶をたぐりながらも、栄養素については難しいです。
でも何となく理解するにつけ、手作りがいかにいいかわかって来ました。

今自分で出来る範囲の、納得できるものとして
・カリカリは今までと同じく直輸入の安心できるものを使う。(まだ栄養のバランスに自信がないので)

・今まで混ぜていた缶詰をやめて、手作り食を添える。(カリカリだけでは食べないので混ぜていました)

と決めました。

自信がついたらカリカリの割合を減らしていくつもりです。

この手作り食、普通の缶詰より、水分が多いので尿石症の陽菜にもいいのです。
そして、泌尿器にいいとされる、クランベリーの粉をふりかけることにしました。
心配なので、継続して尿検査はしますが、今までの処方食を減らして悪化するようならすぐ戻すつもりです。

手作り食は生肉派の本村先生と、玄米派の須崎先生に分かれるようです。
グリーンドッグでは本村先生の方が、理にかなってると言われてました。
両先生の本を読んでみて、自分なりにアレンジして作っていくつもりです。

何よりの問題は食べてくれるか???
猫は犬より、小さいころから食べてるものしか受け付けない傾向にあるそうなので、これが心配でした。
1日目、カツオと昆布だしで、玄米、サツマイモ、とりミンチを炊きました。

c0165498_0111697.jpg


まず昼過ぎのおやつをねだりに来る時間に少しあげてみました。
予想通り、陽菜陽良にsoraはガツガツ食べました。

c0165498_0115056.jpg


そして、大人チームは、なんやこれ?という顔で遠巻きに見ています。
でもおいしそうに食べる子供たちを見て、においをかいで。。。。。食べてみました。

一番受け付けなかったのはやはりブーでした。
少し食べてどこかに行きます。
でもお腹が空いてくるので、みんなに内緒でカリカリをあげました。

そして2度目は、前回よりもミンチの量を増やして人参とカボチャを入れました。

なんだか子供の離乳食を作っていた頃を思い出して楽しくなってきました。
無理せずに続けたいので、乾燥した野菜や、ふりかけるチーズなどのトッピングも買いました。


。。にしても生肉はあげたことがないので、ちょっと勇気が要ります。
熱を加えると失われる栄養素のうち、にゃんこは体内で生成されないものが生肉で取れるそうです。
そして骨は熱を加えると組織が尖るが、生なら大丈夫だそうです。
人間より胃酸の量も多いので雑菌も殺してくれるそうです。


ひとまず、馬肉のミンチを頼んでみました。

c0165498_013837.jpg


パラパラに冷凍してあるので、使う分だけ解凍出来て便利です。
やはり子供は抵抗なくガツガツ行きますが、大人は思案顔・・・

c0165498_0134588.jpg


1週間ほど経ちましたが、少し便が緩くなる子もいますが思っていたより大丈夫そうです。





にゃんこには玄米、消化がよくないそうなので、やめようとおもっています。

まだまだ勉強、勉強♪
[PR]
by biwakonosora | 2008-10-21 00:23 | わんにゃん