滋賀の田舎で           のんびり暮らし


by biwakonosora
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:tsubuyaki・・・( 129 )

桜散る

c0165498_1492728.jpg

今年はいつもより遅く咲き始めた桜も
           強い風に吹かれてひらひら舞いあがります。



c0165498_1494212.jpg


陽良は窓から散りゆく桜の花見









行楽シーズンになると必ず混むうちの近くの国道。
延々と走るととても綺麗な桜の名所があるので
少し遅い満開の知らせに向かう車がたくさんです。

・・・で私たちは近所の穴場へ、soraのB.Fコロちゃんも一緒に
c0165498_14315637.jpg


いなり寿司に鍋ごとの豚汁さげてお花見♪



もう桜も終盤
咲いた桜が散るように、長女と彼の長いお付き合いもピリオドを打ち
彼が挨拶に来ました。
大好きな唐揚げを山盛り作り、明るくご飯を食べて
持って来てくれた私が好きなお店のチーズケーキも食べて
ゲームしておなか抱えて笑って
お別れなんて嘘みたいな夜を過ごしました。
c0165498_14294635.jpg

泣きながら書いた手紙を渡したけど次女夫婦と彼は友達なので
今度は友達のお母さんです。
[PR]
by biwakonosora | 2011-04-19 14:35 | tsubuyaki・・・
mogyoさんとこで見つけ、心に響いた歌と動画




日本人であることに誇りを持てました。
頑張れ~♪
[PR]
by biwakonosora | 2011-03-17 09:03 | tsubuyaki・・・

動物救助

雪が降っています。
寒く不安な時間を過ごされてる方も大勢おられるのでしょう。
どうか少しでも早く一人でも多く助かられますように・・・

人命第一ですが、ものも言えぬ動物たちを心ならずも残して逃げるしかなかった方たちもたくさんでしょう。
取り残された小屋にくくられたワンコ。
ようやく愛護団体に助けられたsoraにそっくりの顔したポメを見たときには号泣してしまいました。
soraに出会ったARKでも動きが始まっていました。
阪神大震災の時もたくさんの救出動物の保護をされていました。
実際私もARKへ行った時、阪神大震災の時の保護場所の跡地を見ました。
また、そのような仮設のペット避難所の設営されるようです。
交通網が遮断されているのでヘリでの救出になるかもしれないということ。
とにかくお金がかかると思われます。


詳しくは
ARK

家族と同じわんにゃんを助けようとしてくれる団体に少しでも善意が集まりますようお願いします。
[PR]
by biwakonosora | 2011-03-16 11:11 | tsubuyaki・・・

大震災

言葉がありません。
同じ日本で起きてるのに、普通の生活が出来ることが申し訳ない気がします。
義援金を送り、節電をして、防災見直しをして、祈ることくらいしか思いつきません。


防災訓練もよくされていた地域でも自然の前には、なす術もありませんでしたが
うちも食料や飲み水3日分の確保、6個のペットキャリー、電池などを見直しです。



郵便局へ行きました。
手押し車のおばあちゃんが、自分で振込用紙さえ書けないくらいなのに
1枚づつ折りたたんだお札を出して義援金を送ろうとされていました。
被災していない地域のみんなも同じ気持ちで心配して胸が痛いです。
本当に何とか・・・・と祈るばかりです。

ネットで出来る義援金を送りましたが、おせちで話題になったグルーポン
200円で400円分の寄付が出来るのを見つけました。
赤十字へ送られるそうです。
もし、義援金を送ろうかと思われてるなら、思う金額の倍になるのでここもどうでしょうか?
[PR]
by biwakonosora | 2011-03-14 08:15 | tsubuyaki・・・

なごり雪

c0165498_7291178.jpg


朝から大慌てで、はめ替えたタイヤをまた冬用に

この雪が溶けたら、いよいよ春かな〜
この冬は長くて悲しかったから、いつもより春が待ち遠しいのです。


c0165498_7291160.jpg


なせが、いつもこのアラレ
娘もこれだけは欠かさないらしい。
[PR]
by biwakonosora | 2011-03-03 07:13 | tsubuyaki・・・

四十九日法要

c0165498_944322.jpg

              5歳の誕生日スペシャルご飯を待ってるところ。。。






太朗が誕生日を迎えた翌日
父の四十九日法要をしました。

c0165498_946179.jpg


仏壇や位牌にも魂を入れてもらい
祭壇に上ろうとするわんにゃんを取り押さえつつ
何とか法要終了

この日で父もあの世へ旅立ったとされるようです。
まだ淋しさと会いたさは薄れもしないけど
線香を点しリンの音に心癒され、返事のない写真に話しかけています。




この日を迎える前に、毛染めをしました。
c0165498_10122811.jpg

美容院で使われてる「和漢彩染」ってのです。
混ぜてぬるま湯で溶くのですが、多すぎたので主人にも塗り 二人とも髪がつるつるになりました。
くさい匂いもしないし、1度買えば肩に付くかどうかの長さの私と、染めることが出来るだけまだいいくらいの主人とで5回ほど使える計算です。
[PR]
by biwakonosora | 2011-02-23 10:27 | tsubuyaki・・・

心のツボ

c0165498_8554585.jpg


娘と大阪へ行くと必ず行こうと誘われるうどん屋さんの天ぷら山かけ
コシがあり過ぎて顎が痛くなるくらい・・・



ここしばらく、背中の痛みと発熱に吐き気その他色々・・・
体がガタガタなので病院へ行ってきました。
結局そこは心が疲れてる時に痛むツボだそうで、漢方の薬を貰い血液検査などなど。

多分父の死について、ちゃんと受けとめられていなくて
ただこなさなくてはならない事をこなしてだけ来たので
体と心が悲鳴をあげてたんだと思います。


c0165498_918639.jpg

冷え取り普及委員会(会員1)会長としては、家族くらいにはと・・・
蒸れなくて水虫にもならないよと言うと履いてみる気になったようです。
[PR]
by biwakonosora | 2011-02-09 09:27 | tsubuyaki・・・

終活

c0165498_848395.jpg


空気が凍ってるような朝
カーテンを開けるとこんな景色

昨日もお墓の下見に行って来ました。
比良山の綺麗な雪景色をうしろに、前を見ると琵琶湖が広がり
「これ以上に綺麗な景色のお墓は見たことがないな~」と主人
生きてる間に父にこの景色見せてあげたかったな。。。

「終活」という言葉があるようだけど、自分の最後のこと
元気なうちに伝えておくのが本当に大事だと思います。
いろんなことを片づけながら父に「これでよかったの?」と問いかけることばかり・・・
遺影ひとつにしても、私がこれしかないと決めていたいい笑顔の写真をのばして作りましたが
病院で寝たきりの父に遺影の話など出来ませんでした。
写真を撮るのが好きだった父だから、本当はお気に入りの1枚があったかもしれません。

要るものだけを残してすっきり暮らすダンシャリも
最終的には残される人への心遣いかもしれないです。
今年は真剣にいらない物の整理しようと思ってます。
[PR]
by biwakonosora | 2011-01-30 09:10 | tsubuyaki・・・

元気を出して・・・

c0165498_7422339.jpg


リビングから見える雪
いつもなら向こうに琵琶湖が見えるのだけれど、真っ白・・・

過去最高(といっても3回目)に雪かき頑張ったのでまた腰痛です。
泊りに来ていた弟は「綺麗」を連発しながらいっぱい写真を撮ってたけど
さすがに今年は雪多すぎでsoraなんかもう「さっぶ~」って顔で散歩しています。






c0165498_7505079.jpg

元気が出そうなビタミンカラーでマフラーを。。。
さすがイタリア直輸入の…という色です。
なんでもウールの中の最高峰のウールだそうで、編みながらも手触りにうっとりです。

父が逝き10日が過ぎました。
いくつかの怪奇現象で、まだ父がそばにいると思っています。
本家のお家事情で父の墓は、嫁いだ私が建てて一緒に入ることになりました。
日々お墓探しといろんな仏事の打ち合わせなどであっという間に過ぎました。
馴染んだ大阪を離れて、いきなりにゃんこだらけの家に来てさぞ驚いてるでしょうが
もうすぐ琵琶湖が見える高台のお墓に入ることになります。
とてもいい眺めです。

c0165498_842293.jpg

「輪廻転生」
年末に産まれた友達の子供
癒される笑顔を携帯の待ち受けにしました。
電話がかかる度に元気を貰えます。
[PR]
by biwakonosora | 2011-01-28 08:11 | tsubuyaki・・・

だいひつ sora


ここすうじつsoraは、おかあさんといっしょにおおさかへいったりきたり
c0165498_11595749.jpg

これは、つかれてねてるおかあさんをおこしてるところです。

おかあさんのおとうさんがてんごくへいったので
るすばんのできないsoraもまいにちおおさかへいってたのです。
さいごのさよならをするときsoraはちゃんと「くうき」をよんですごくおとなしくしてたから
みんなにほめてもらいました。

おじいちゃんは、おおきなつぼにはいってsoraといっしょにくるまにのり、おうちへきました。
おかあさんはなんじゅうねんぶりかの「どうきょ」がはじまるので
なんだかいそがしそうにしてるとおもえば、ないたりしています。

なので、きょうはいつもだいじにしてもらってるおれいにsoraがにっきをかきました。
[PR]
by biwakonosora | 2011-01-21 12:13 | tsubuyaki・・・