滋賀の田舎で           のんびり暮らし


by biwakonosora
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬、遠からじ

c0165498_10553981.jpg

最寄のスキー場(車で5分ほど)が薄っすらと白くなっていた今日
寒くなってきました。。。

にゃんずは2Fリビングに集団移動
日中は陽が当たって暖かいc0165498_11067.jpg







c0165498_1103287.jpg
c0165498_1105077.jpg
陽菜は片手を出すのが
マイブーム
c0165498_111842.jpg





日が当たろうが翳ろうが暖かいコタツ横にいれば移動不要
c0165498_1195123.jpg

                ずぼら親父

冬はリビングのにゃん密度が増し
こんなにたくさんいたのかと思う。



c0165498_1152851.jpg

サフランの球根は、水もやらずに室内放置で花が咲きます。
赤いメシベを乾燥させると香辛料のサフランになるのです。
[PR]
by biwakonosora | 2011-11-22 11:14 | tsubuyaki・・・

自己管理

無印の「体にフィットするソファ」

新しい家のリビングには邪魔になったからと長女が提げて来た。
人間が座ると、とてもフィットしすぎて気持ちよくて起きあがるのに一苦労
自己管理しないと深く沈んでそのまま寝てしまう。

大きすぎて乗らないかなと思ったけど

c0165498_13231054.jpg
c0165498_1324064.jpg


c0165498_13261631.jpg

いす取りゲームみたいに誰かが乗ってる









次女夫婦に長女の元彼に私という異色のメンバーで大阪のIKEAへ行って来た。
c0165498_13314789.jpg

              「前こんなにおいしかったっけ?」と思ったモーニングc0165498_1332724.jpg














               自分でトッピングするホットドッグは個性が出る。。。

オーガニックのベビー布団をプレゼントするつもりだったけど
娘の同意を得てIKEAの可愛すぎる布団とカバーを購入
8ヶ月半、そろそろ本気で出産準備しなくてはとは思いつつ
迷うのが楽しくて仕方ない。



時間に流されないようにしようと思いつつ
あっという間に時が過ぎます。

年とともに早く過ぎる気がするという言葉に同じくらい深く頷く同級生と
こんな時期は例年だと寒くてしないバーベキューを

c0165498_134623.jpg

c0165498_13423477.jpg











                         この時期ならではのカニまで焼いて。。。
                               (ああ、贅沢・・・)


体調は相変わらずの薬漬けに、湿布の貼り過ぎで肩の色が白くなってますが、



それなのに
肩も首も痛いのに・・・
c0165498_13501589.jpg

                久々にドラクエ始めてしまいました。


若い頃でも今までにない肩こりになるほど大変だったのに
「制限時間2時間」を自分に言い聞かせながらも・・・
[PR]
by biwakonosora | 2011-11-18 14:02 | tsubuyaki・・・

懐かしの。。。

久しぶりの大阪
実家の屋根裏部屋探索
大昔の弟の初節句の人形があるはずなので、それを探すため娘夫婦と


ですが、その前に大阪へ来れば・・・
食べログで探しておいたランチに
c0165498_11355597.jpg
c0165498_11361343.jpg











天満界隈は、美味しそうなお店が多すぎて目的地に着くまでに目移りしすぎて大変です。
人気店なのに、混んでいると並ばないのはほかにも選択肢がたくさんあるからでしょうか

私たちの目的店は「洋食鉄板焼きOPEN SESAME」
すべてが手作りで暖かさが伝わる美味しいお店でした。

そして、鶴橋やコリアンタウンで夕食材料を買い込み
実家でもう25年ほど開かずの屋根裏部屋へ・・・
五月人形は、思った以上に豪華すぎて肝心な兜の部分だけ貰い
おまけに出てきた食器類を貰い
私の若かりし頃の文通手紙なども発掘されて持って帰りました。

大好きだったバスケ部の先輩が卒業する時に勇気を出して
「文通してください」と言った(と思う)
そんな憧れの人との文通の封筒の束
今どうされてるかは知る由もないけど、その頃の記憶が少しづつ蘇る。。。
その人は桜田淳子が好きで、私は西城秀樹
雑誌の切り抜きを見つけては手紙に同封していたようです。
見た映画や、受験のこと、読み返すとあの頃毎日郵便受けに手紙が届いてないかを楽しみにしながらのぞいていたのを思い出します。
受験が終わったら映画に行こうと言う約束(が、書いてあった)は、果たされることなく
いつのまにか文通も終わりましたが
懐かしいあの頃を思い出して、しばし心だけは中学生に戻ってる今日です。
[PR]
by biwakonosora | 2011-11-03 12:37 | tsubuyaki・・・